2009年11月23日月曜日

ホンダ フュージョン コピーバイク

フュージョン(FUSION)とは、本田技研工業が生産販売している244cc4ストローク単気筒エンジンを載せたスクーター型式の自動二輪車である。なお海外輸出市場向け車両は、初期の発表時からHELIX(ヘリックス)の呼び名で製造されつづけている。

中華人民共和国の自動二輪製造会社に対し本田技研工業が、そのころ政府開発援助として技術援助を行っており、この車種も技術援助の形で製造されていたが、別の会社が無許可でこの車種をコピーし売り込みを行ったため、本田技研工業が意匠権侵害に合致するとして中華人民共和国国内で訴訟を起こした。



第1審では、無罪であったが、第2審では相手方(コピーメーカー)が意匠権侵害に当たると判決が出た。裁判が起こされた当時はフュージョンの国内販売が終了し、国内ではヘリックスの逆輸入および中古で流通されるだけだあったため、「新車」として中国で格安に生産されたコピーモデルの輸入販売も行なわれたが、本田技研工業は中国製のコピーバイクを販売した業者には報復措置を行うなどの対策を取ってきた。

最終的にはフュージョンの再発売やコピーバイクの耐久製や精度、報復措置まで犯してまで販売する意味や中国国内でも「オートバイ生産許可管理弁法実施細則」と呼ばれる意匠権管理体制を取るなどさまざまな問題が重なり輸入を取り止めている。

報復措置としては

■ 純正部品の供給の停止
■ 正規販売店認定の取り消し
■ それに伴う新車販売を卸すことの停止
■ 訴訟

などがあった。
ビッグスクーターカスタムで走るのショッピング
NSFレンタルサーバー