2009年11月20日金曜日

トライク メリット デメリット

「メリット」

● 2輪より停止時のバランスに秀でており、特にゆっくりのスピードで走る場合は分がある(ただし「こけない」ということではない)。

● 身体障害者が簡単に乗れるビークルとしても着目されている。パラリンピックでは重度及中度の脳性痲痺のスポーツ選手が使用する(中度の時は2車の使用も可能)。

● 前1輪後2輪のトライクは搭載性能に優れていることから、後ろに座席を取り付けて乗降客を乗せるバイシクルタクシー(輪タク)に利用されていた。海外では今もよくみられる。

● また箱根駅伝などのマラソン中継で、機動性と安定性が両立できる面からオートバイのトライクがカメラ撮影用に使用されることがある。また、電動トライクが空港や大規模駅舎内において旅客や従業員の移動に使用されることがある。



「デメリット」

● 停止時と低速時のバランスには優れているが、カーブでの安定性は運転者の技量によって安全性が変わってくる。

● 二輪に比べ車体が大きく重いため機敏な動きがしづらい。二輪よりも高価である。

● オートバイのトライクは運転免許の法律に微細な判定部分があるため、よく把握しておく必要がある。(普通免許(限定なし)以上及び大型二輪免許(限定なし)を併有する者を除く。)

NSFレンタルサーバー